このページの先頭です

xanax

本文へジャンプします。
ここから本文です

logo

COMPANY

経営理念

健全な社会創りは、健全なスポーツライフスタイルの普及と、人々の成長から始まる。我々はスポーツビジネス分野で、「更なる卸機能の充実と新機能の構築」ユーザーに対する「日々新たな価値の提案と創造」及び「ザナックス社員の成長」により、健全な社会創りに貢献し、社会でのザナックスの存在価値を高めていきます。

スポーツは、「チャレンジ」「夢」「感動」「友情」「フェアー」「礼儀」「忍耐」「リフレッシュ」「愉快」「健康」「コミュニケーション」といった言葉に代表されるように、人生に有益なものを与えてくれます。
また健全な社会は、優れた人物なくしては実現できません。
由って、健全な社会創りは、健全なスポーツライフスタイルの普及と、人々の成長から生まれるのです。
我々はスポーツビジネス通して、御得意先に対して「より便利に」「よりスピーディーに」「より効率的に」業務が進められる様に、ユーザーに対して日々「新たな価値」を提案し、社会に対して「ザナックス社員の成長」により、社会での存在価値を高めていきます。

経営基本方針

価値観
堅実と挑戦を基本として進化する。
精神
本業徹底と永続。
社風
現場にこそ宝がある。
文化
大局着眼、小局着手。

創業の精神

創業者の佐々木秀男は、
立命館大学2回生時(昭和18年秋)に学徒出陣し、
陸軍特別攻撃隊「義烈空挺隊」に所属、昭和20年8月26日に、
沖縄へ特攻予定であったが、15日に終戦となり、
苦労の末、外地から復員後、戦後の荒廃に立ち上がった。

創業の精神

▲立命館大学入学時

昭和22年10月29日(1947年)、25歳の時、ナニワ商店を創業し、
スポーツを通した社会への貢献に、
「生かされた命」をかけると、心の中でつぶやいた。
そのつぶやきが、ザナックス創業の精神である。

創業の精神

▲佐々木秀男氏と現社長

我々が学ぶべきことは、55年間、どんな困難に出会っても、
「つらい」という事を云わなかった、
「苦しい」という事も口にしなかった。
「甘え」を自らに許さない生涯を送ったことである。

創業の精神

▲陸軍航空隊少尉任官

ゆるがない「信念」、逃げない「責任感」、
厳しいが温かい「情」の3つを信条とした
創業者の生き様を原点として、
創業者のスポーツにかけた情熱を
後世に引き継いでゆく。
これが我々ザナックスの使命である。

創業の精神

▲創業者 故佐々木秀男

我々は、創業者である佐々木秀男(平成14年没)の信条と情熱を引き継ぎます。
創業者の「スポーツは教育産業であり、人間形成上最も必要なもの。
冷戦時代の平和にも貢献してきました。そういう業界ですから、私は商売において苦しんだことがない。競争ならいつの時代も、どの業界にもある。
好不況に関係なく、企業の倒産は放漫経営から起こるものです」という言葉を肝に命じ、ザナックスは「永続」をテーマとして社会に貢献しながら進化し続けていきます。
(創業者の言葉は、大阪スポーツ用品卸商業組合 2000年記念組合誌59頁より)

創業の精神